【資格のこと教えて11】作業療法士(OT)について② 仕事の内容、給料や向いている人は??

【資格のこと教えて11】作業療法士(OT)について② 仕事の内容、給料や向いている人は?? イメージ

【資格のこと教えて11】作業療法士(OT)について② 仕事の内容、給料や向いている人は??

 

こんにちは。地元福岡にこだわって、しっかりと丁寧に介護職の就職・転職活動をサポートしている「福岡介護求人・転職センター」です(*^▽^*) 私たちは福岡の介護の現場を支える皆さんがより輝く職場に出会うためのお手伝いをさせていただいています♪♪

 

介護の現場はチームワークが大切。決して一人ではできないことです。それだけにどんな役割の仕事を選ぶか? どんなチームの仕事を選ぶか?というのは大切です。 介護の仕事を選んだ気持ちがもっと評価されるように、あなたにピッタリの職場探しに役立つ情報を掲載しています。

 

今週もシリーズ「資格のこと教えて」と題し、先週に引き続いてOTに関する情報提供をいたします。

 

 

<介護の現場における仕事内容>

作業療法士の働ける介護施設は、地域包括センター・介護老人保健施設・訪問リハビリを行う介護事業所・特別養護老人ホーム・デイサービスなどがあげられ、リハビリ病院や身障者福祉の施設からの求人も多くあります。

 

介護の現場では、介護職員からは「OTさん」や名前で。高齢者の方からは「先生」と呼ばれることが多く、ケアプランに含まれる計画通りにリハビリが効いているか、月1回必ず可動域のや歩行状態の確認などを行います。

 

 

リハビリには様々な種類があり、マシンを使ったトレーニングにおいては重りの重さや高さの微調整など、作業療法士の設定の下で介護職員が行う事も。これは施設さんによってウリが違うので、しっかりと確かめた方が良い点です。

ですが基本的には管理者は作業療法士で、リハビリにおいて被介護者からの訴えや意見は、作業療法士に報告するよう介護職員は教育を受けています。

 

 

<向いている人材>

高齢者介護におけるリハビリテーションは、必ずしもゴールがあるとは限りません。

 
「現状維持」に被介護者と作業療法士で全身全霊で向き合う事も多くあります。ですから機能訓練等の結果に強い達成感を求める方は、介護の現場では物足りなく思うでしょう。

高齢者の身体能力の向上に問題があるという訳ではなく、病気にそれを邪魔されることもあるという事です。

 

一進一退が介護のリハビリですから、気が短く無く、目の前の相手の状態を認めてあげることのできる人材が適任と言えます。また皆様々な人生経験があり、とくにおしゃべりしたいのがお年寄りです。相手を不快にしないように話を切り、その日のメニューを全うさせられる対処能力も大事です。

 

<給与面>

専門職ですから一般の介護職とは違う基準になりますが、福岡県内の募集状況を見ると時給では1300~1400円ぐらい、月給では21万円超える程度が多いようです。

介護施設や病院などで募集されるのですが、一つの施設にOTさんの定員が少ないため、原則として欠員募集が多いです。つまり介護職と違い、募集のタイミングがとても大切な職種と言えます。

 

そのためにもし転職を考えるのであれば、計画的に早めに準備を進めて置き、こまめに求人状況をチェックすることが大切です。

 

OTさんも限られた職域での仕事となりますので、OT、PTさんの専門求人サイトがあるほどです。

就職、転職活動は情報量が結果の違いを生み出すものでもあります。在職中でお仕事探しの手間が大変な方、福岡県内でよければあなたに代わって情報収集をしてまいります!(^^)!

 

お気軽に専門コンサルタントにご相談くださいね。お待ちしています!

お役立ち情報の一覧へ