【資格のこと教えて⑤】介護福祉士実務者研修について② 仕事の内容や向いている人材など…

【資格のこと教えて⑤】介護福祉士実務者研修について② 仕事の内容や向いている人材など… イメージ

【資格のこと教えて⑤】介護福祉士実務者研修について② 仕事の内容や向いている人材など…

 

こんにちは♪♪ 福岡県の地元に特化した介護にまつわるお仕事専門の求人サイト、「福岡介護求人・転職センター」です。

福岡で介護のお仕事探しにぴったり役立つサイトを目指してスタッフ一同頑張っております(*^▽^*)

 

さて、毎週火曜日に更新している「お役立ち情報」のコーナーではシリーズ「資格のこと教えて」と題して、介護の現場で活躍する資格のことを解説しています。福岡で資格をとるにはどんなところがあるの?? を含めて、福岡介護求人・転職センターならではの情報を掲載していますので、参考にされてくださいね。

 

今週は先週に引き続いて、介護福祉士実務者研修について解説します!

 

<介護の現場における仕事内容>

施設で働いている場合はとくに初任者研修修了者と待遇等はさほど変化はありませんが、訪問介護事業所で働く場合に「サービス提供責任者」という役割ができることは大きな違いです。

 

「サービス提供責任者(サ責)」とはケアマネ・ヘルパー・利用者の間に立って、お互いの意見交換のパイプ役となったり利用者の訴えを拾って再度アセスメントを行う等の役割を担うお仕事です。サービス(訪問介護)を受けている利用者が、ケアマネージャーが作成したケアプランの通り、生活環境の改善や身体能力の向上または維持が出来ているか。逆に心身の向上から必要なくなったサービスは無いかなど、訪問介護のサービスを良好に継続していくにあたって重要な役割を担います。

 

初任者研修修了者でもサービス提供責任者になれますが、実務経験3年が必要で、しかも事業所の介護報酬が30%減となりますので、やはり実務者研修修了者を希望される施設さんが多いようです。

 

 

また、職務内容としては実務者研修ではたん吸引と経管栄養に関する知識を学ぶことができ、より濃く介護の実務について学ぶことができます。

 

<向いている人材>

介護技術のいろはを体感で学ぶ初任者研修と違って、スクーリングにて知識をインプットする時間が長い実務者研修。介護保険の仕組み・ケアプラン作成にあたる知識・サービス計画提案時の知識・医療行為についてなど、介護のより深いところまで学ぶことになります。
介護福祉士取得の為に受講する方も多いようですが、何より実務者研修受講に必要なのは介護への関心と意欲です。

 

実務者研修修了者は、現場でもどこか「あの人は今後介護を本気で続けていく人なんだな」と期待されることが多いです。つまり介護職員としての技量だけでなく知識を掘り下げて行こうという気持ちが大切です。
実務者研修終了後は、知識が豊かになっているだけでなく、以前より余裕をもって被介護者の方々に接する事ができたという方も多くいます。自信をつけるために受講するのもいいかもしれませんね。

 

 

このようにぐんと仕事が広がる実務者研修ですから、ちょっと大変だと思われても挑戦されてみてはいかがでしょうか。県内では通信制のスクールも多くあります。どのような事業所があるかを知りたい方は、もちろん福岡介護求人・転職センターでも一覧をご用意していますから、お気軽にお問い合わせください。皆様とお会いするのを楽しみにいたしております。

 

 

★LINEでのお問い合わせも受け付けています★

まずはお仕事の相談だけでもOK!LINEなら気軽に個別相談できますよ♪

さらに、お友だち登録すると、条件にぴったりの求人を探せたり、新着求人のお知らせが届きます!

LINEお友だち追加はこちらをクリック↓

お役立ち情報の一覧へ