機能訓練指導員ってどんな仕事?

機能訓練指導員ってどんな仕事? イメージ

こんにちは!

福岡県内に特化した介護・福祉専門サイト「福岡介護求人・転職センター」です。このコーナーでは介護・福祉の現場で働くスタッフであればみんな共感できるお話を紹介します。

第11回目は「機能訓練指導員」について、太宰府市お住まいのHさんにお話聞きました!

 

機能訓練指導員は介護分野で、特にリハビリを専門的に行う職員のことです。機能訓練指導員という名前の資格はなく、理学療法士、作業療法士、看護師、柔道整復師などの資格を取得している方が、機能訓練指導員として働くことができます。

活躍の場は主にデイサービス、特別養護老人ホームなどで、利用者さんが日常生活を送れるようにトレーニングやマッサージを行い、サポートしていくお仕事になります。

 

Hさんは長年デイサービスで機能訓練指導員として働いていらっしゃいますか、機能訓練指導員はどんな人が向いていると思いますか?

 

Hさん「知識や経験はもちろんですが、色々な世代の方と会話するのが得意な人が向いています。利用者さんは気さくな方もいれば、気難しい方、人見知りで心を開いてくれない方など様々です。そういった方々とうまくコミュニケーション取らなくてはいけません。信頼関係を築くために、挨拶やちょっとした会話がとても大切になります。コミュニケーション能力が高く、気遣いができる方が活躍できるお仕事だと思います」

 

なるほど~~~!

利用者さんとしっかりコミュニケーションを取れることが大切なんですね。

コミュニケーションをとる際に、気を付けていることってありますか??

 

Hさん「そうですね。私たちは幸いなことに健康な身体を持っていて、日常生活を不自由なく送ることができますが、利用者さんは走る、歩くといった動作から、食事、入浴も難しいと感じている方が多くいらっしゃいます。私たち自身がその不自由さを実際に体験しているわけではないので、利用者さんの気持ちに寄り添って、想像力を働かせる必要があります。ほんの些細なことでもご利用さんの気持ちを傷つけてしまうこともありますので、言葉は慎重に選ばないといけません」

 

つい、自分ができているから、相手もできるだろうと思ってしまいがちですが、そうではないことを念頭に置いて行動しないといけないですね。

意外と忘れがちなことじゃないかなと思います。

それでは最後に、機能訓練指導員のお仕事のやりがいを教えてください。

 

Hさん「自分の組んだプログラムを実践して、症状が改善し喜んでもらえると非常にやりがいを感じます。利用者さんの症状によって、プログラムを変える必要がありますし、一人ひとりの状態を理解しておかなければいけないので、そこが難しい部分だと思います。利用者さんに頼りにしていただいて、『今日のトレーニングは楽しかったよ』『この間よりも調子が良くなったよ』というような言葉をかけてもらえると本当に頑張って良かったと思います」

 

頑張りが直接利用者さんに伝わって、喜んでもらえるって嬉しいですね!

これからも機能訓練指導員として頑張っていきたいとお話してくれたHさん。日々やりがいを持ってお仕事しているのが伝わってきました。

これからも頑張ってください~~!!
「福岡介護求人・転職センター」は介護・福祉の現場で働くみんなを応援しています。新しい職場で悩んだり、困ったりしたらいつでも相談くださいね!

次回の更新をお楽しみに♪♪

 

 

お問合せはLINE公式アカウントからも受け付けています。登録はこちらから↓↓

 

〈参照資料〉

厚生労働省「介護人材関係について」

URL:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000186484.pdf

お役立ち情報の一覧へ