介護されたくないんです…ケアマネージャーで大変だった出来事(^-^;

介護されたくないんです…ケアマネージャーで大変だった出来事(^-^; イメージ

こんにちは!

福岡県内に特化した介護・福祉専門サイト「福岡介護求人・転職センター」です。このコーナーでは介護・福祉の現場で働くスタッフであればみんな「あるある」と思うお話を紹介します。

仕事探しに疲れた…という方、ぜひ休憩の時に読んでみてくださいね(*^^*)

 

 

第3回目は「居宅ケアマネで大変だった出来事・解決方法」について、Sさんにお話しを聞きました~!

Sさんは今、居宅介護支援事業所で働いているんですよね。これまでお仕事していて大変だったことはありますか?

 

Sさん「この仕事で大変だったことは利用者さんとそのご家族の意向が合わないケースです。利用者さんは一人暮らしであったり、ご家族と同居されている場合もありますが、いずれにしてもご家族はサービスを目一杯使い、出来るだけ多くデイサービスに通ったり、訪問介護もどんどん利用したいという気持ちが強いケースが多いようです。同居の場合は介護の負担が大きかったり、別居の場合は安否が心配なので当然の気持ちだと思います。」

 

そうですよね~。少しでもお互い楽しく暮らしていけるように、使えるサービスはどんどん利用したいですよね。

それを利用者さんが嫌がるということでしょうか?

 

Sさん「そうなんです。特に初期の認知症の方などは『まだ自分は介護など受けなくてもやっていける。デイサービスのようなところには行きたくない』と頑なな気持ちを持たれている方も多くおられます。」

「そのためご家族の意向に合わせてケアプランを立てても利用者さんは不満で、ヘルパーとの折り合いが悪くなったり、一人暮らしをされている場合は、訪問介護やデイサービスのお迎えに行っても自宅にいらっしゃらず、業者もご家族も心配になりちょっとした騒動になってしまうという困った出来事もありました。」

 

利用者さんのためにサービスをするのに、受ける方が嫌がっていたらお互いに気持ちよくないですよね… Sさんはそんな困った利用者さんとご家族のお悩みをどのように解決したんでしょうか?

 

Sさん「出来るだけ利用者さんの希望に沿った方法から始め、徐々に支援を増やしていくという方法で、ご家族とよく話し合い理解していただくようにしました。」

「例えばデイサービスに抵抗があったAさんは、お風呂が好きな方だったので、入浴サービスが充実しているデイを週2回くらいから始めると、徐々に自分から毎日通いたいと言ってくれるようになり、1か月も経たないうちに毎日通いたいと自ら希望して下さるようになりました。またBさんは他人に家に入られることに抵抗があり訪問介護を拒んでいたので、まずは外出支援としての通院付き添いやからはじめ、ヘルパーに慣れてから徐々に訪問介護に入らせていただくことで解決しました。」

 

なるほど~。ご家族の意向優先ではなくて、まずは利用者さんの気持ちに沿ってサービスを行ったんですね。

確かに押し付けられたサービスより、自分に合ったサービスをしてもらえる方がうれしいですよね。

 

「利用者さんご本人の希望に沿ってゆっくりとケアプランを進めていくことが、結果として安定した在宅介護を継続できることにつながるので、ご家族との話し合いが非常に重要だと感じています。」とお話ししてくれたSさん。

利用者さんとご家族の間で板挟みになってしまわずに、両方の意向をできるだけ汲もうとしているように感じられました!

 

「ケアマネで大変だったこと・解決方法」を教えてくれてありがとうございます!

 

 

「福岡介護求人・転職センター」は介護・福祉の現場で働くみんなを応援しています。新しい職場で悩んだり、困ったりしたらいつでも相談くださいね!

次回の更新をお楽しみに♪♪

 

 

お問合せはLINE公式アカウントからも受け付けています。登録はこちらから↓↓

お役立ち情報の一覧へ